神経新生

レバーが苦手なら何からアラキドン酸を摂れる?

アラキドン酸は食品から摂る事が一般的とされている成分なのですが、豊富に含まれている食品としてレバーが挙げられます。
豚レバーや鶏レバーなど様々な形の物がありますが、中にはレバー自体が苦手という方もいると思います。
そこで、レバー以外でもアラキドン酸が摂れる食品を詳しく紹介していきたいと思います。

まずは魚類でアラキドン酸を含んでいる物ですが、魚であればブリやサバやイワシで、魚卵であればイクラやタラコになり、そして、エビやタコやアワビにも含まれています。
そして、次に動物性の食品ですが、鶏卵と豚肉や牛肉や鶏のもも肉に含まれています。

このようにレバーを除いてもアラキドン酸を含んでいる食品は沢山あります。
ただレバーの方が豊富に含んでいるので、少ない量でもアラキドン酸を摂れるという事になります。
レバーが苦手という方は組み合わせを利用する事で豊富にアラキドン酸を摂る事が出来ます。

例えば豚肉と鶏卵を合わせて豚玉丼にしたり、ブリやイクラやエビやタコやホタテを合わせて海鮮丼という形にする事でアラキドン酸を豊富に摂る事が出来ます。
レバーが苦手という方はアラキドン酸を含んでいる食品を上手に組み合わせて豊富に摂っていきましょう。