神経新生

アラキドン酸が分類されている不飽和脂肪酸とは

アラキドン酸は私達の体を構成してするために必要不可欠な成分で、不飽和脂肪酸の1つとされています。
そしてそんな不飽和酸の中でもカルボン酸という4個の二重結合を入れて、20個の炭素鎖で構成されており、ω-6脂肪酸に分類される成分になります。
そもそも不飽脂肪酸とは何なのかという事になるのですが、炭素結合の仕組みを持っている脂肪酸で、この脂肪酸を体の中に摂り入れることで、血液中のコレステロールの調整や脳神経細胞の発達などを対応する事が出来ます。

つまり私達が元気よく生活していくために必要不可欠とされている機能をしっかりとサポートしてくれる役目を持っています。
そして不飽和脂肪酸の中でもアラキドン酸は免疫機能を調整する働きや学習力や記憶力の向上に貢献してくれる成分となっています。
この働きは年をとるほど必要になる成分で、免疫力が低下して病気にかかりやすいや物忘れが激しいなど、アラキドン酸を摂る事で対応できる対応が沢山あります。

また、アラキドン酸は不飽和酸の一種なので、血液中のコレステロールの値を減少させて、高血圧を予防する効果もあり、高齢者が最も怖いと思っている脳梗塞などを防止する事ができます。
アラキドン酸は若い方にも必要な成分ですが、高齢者には特に魅力的な効果を出してくれる成分となっています。