神経新生

アラキドン酸のホルモンへの働きかけ

ホルモンは私達の体の機能をサポートしてくれる物なのですが、その中でも生体調整ホルモンのプロスタグランジンは体の健康を維持してくれる免疫力を調整する効果があります。
生体調整ホルモンの一種であるプロスタグランジンを作るには、材料となるアラキドン酸が必要になります。
アラキドン酸を摂るという事は免疫能力を調整するプロスタグランジンを作るという事にも繋がります。

正確にプロスタグランジンの作られ方を紹介しますと、アラキドン酸がホスフォリパーゼという酵素によって切り分けられて、シクロオキシゲナーゼとう酵素が働きける事で作成されます。
アラキドン酸がそのままプロスタグランジンになるわけではなく、このように様々な酵素が働きかけることによって、作られます。
しかし、このプロスタグランジンを作るにはアラキドン酸という成分が欠かせないので、免疫力を調整するためにも摂取する事をお勧めします。

アラキドン酸を摂る事で、どのような効果が得られるのかという事まで考えている方は少ないと思うのですが、働きの詳細を知る事で積極的に摂る方が増えると思います。
特にプロスタグランジンは免疫力を調整してくれる生体調整ホルモンなので、作成できる環境を作って元気に生活していきましょう。