神経新生

年をとったらアラキドン酸不足にも配慮

30代半ばを境に最近物忘れが多いや新しい事が覚えられないという体験をしている方が多いとされています。
それは体内のアラキドン酸の量が減少してしまい、記憶力や学習力の元となる脳のネットワークの機能が弱まってしまう方が多いからとされているんですよ。
脳の神経細胞はアラキドン酸を元に新生を行い、神経細胞の状態を良くしているので、記憶力や学習力が落ちないように対応できます。

しかしどうして30代半ばを境にアラキドン酸が減少してしまうかという事になるのですが、それは動物性食品をあまり摂らなくなるという事が関係しています。
アラキドン酸は動物性食品からしか摂れないので、牛肉や豚肉や鶏卵や魚類というタンパク質を含んでいる食品を摂らないと体内に取り入れる事ができない状態になります。
30代を半ばを境に代謝の力が落ちてしまい、太らないようにと野菜中心の生活になって、動物性食品を摂るという対応自体が少なくなってしまいます。

動物性食品はタンパク質を含んでいるので、どうしても太らない環境を維持するためには遠慮しがちなのですが、年をとってもやはり動物性食品は凄く大事な物になります。
量を減らしてでも動物性食品をバランス良く摂っていく事が、年をとってもアラキドン酸不足をなくすために必要な対応になります。
他には、アラキドン酸が配合されているサプリメントなども手軽に摂取できるのでおすすめです。